MENU

アイアンの飛距離が20〜30ヤード落ちた時の原因

歳をとってきたらアイアンの飛距離が数十ヤード落ちてしまったという話をよく聞きます。考えられる理由はいくつかありますが、グリップする指の筋力の衰えというよりはフォームの崩れが原因となっていることが多いです。
まず最初に確認すべきはボールの弾道です。ダフリ気味になっているのであれば、おそらくアッパーブロー気味になっています。ダウンブローで打つ練習をしていけばマシになるはずです。ただやり過ぎるとハンドファーストになってしまうので、細かい調整は必要です。
また次にチェックする点はスイング軌道になります。インサイドアウトやアウトサイドインといった軌道は中上級者向けですので、こういった軌道になっている場合はインサイドインに戻したほうが良いでしょう。自分でスイング軌道がわからないという場合は、打ちっぱなしで三脚とデジカメを用意して自分のスイング軌道を録画して確認するようにします。
こういった点を修正してもまだアイアンの飛距離が出ない時は、インパクトの瞬間にスイングを止めてみる練習をします。スイングを無理やり止めた時に腕だけで打っているのか体全体を回して打っているのかが明らかになります。腕だけで打っている場合はいわゆる手打ち状態になっているので飛距離が出なくて当然です。こういった場合は、アイアンなしでスイングする練習をしてフィニッシュまでキレイなフォームを維持できるようにしてから、再びアイアンを握ってスイングするようにすると良いでしょう。
もちろん筋力の低下によっても飛距離は落ちるので原因は1つとは限りません。筋力が落ちている時は片手でアイアンを振る練習をすれば、キツイですが筋力が上がってきます。一度試してみることをオススメします。

このページの先頭へ