ゴルフ バックスピン

ベストなバックスピン量を探る方法

バックスピンはボールに浮力を与え、ボールは高く遠くに飛びます。バックスピンがなければ、ボールは失速して、飛距離は稼げません。しかし、バックスピンがかかりすぎるとボールが高く上がりすぎて、なおかつ、ランも稼げません。また、スピンがかかるというのは運動エネルギーが回転運動に変換されていることですので、非効率的です。

 

つまり、バックスピンには最適な量があるということです。例えば、キャロウェイゴルフによれば、ドライバーショットで飛距離を最大にするには、10度〜14度の打ち出し角度で、バックスピンを2,200〜2,600回転/毎分になるようにするのが良いといいます。貴方のバックスピン量はどのくらいか、ゴルフショップまで足を運び、計測してもらってください。その結果、この範囲に入っていないなら、次のことを検討してみてください。

 

低重心ドライバーでバックスピンを抑える

最近は低重心ドライバーが主流になっていますが、このクラブでは上下のギア効果が発揮できるように設計されており、バックスピンを抑えながら高弾道を実現するというコンセプトで開発されています。

 

ギア効果とは、重心位置より下でインパクトするとボールはクラブとの反作用でバックスピンがかかりやすくなります。逆に重心位置より上でインパクトすれば、バックスピンがかかりにくくなります。低重心のドライバーは重心から上の面積が広くなるため、重心より上の部分に当たりやすくなり、バックスピンがかかりにくくなるのです。

 

ボールの硬さとバックスピン

ドライバーのようにロフトの小さいクラブでショットした場合、クラブのフェイスに当たった瞬間にボールはつぶれたように変形します。通常はこの変形が大きいほど初速も上がる一方で、バックスピンも多くなるという利点もあります。ディスタンス系のボールやウレタン・ディスタンス系のボールを選ぶことで、バックスピンを抑えることができます。

 

最適なロフト角を知る

ロフト角が大きいほど、バックスピンの量が大きくなります。貴方の使っているドライバーでのバックスピン量を測ってみてください。そうすれば、あなたに最適なロフト角が選べることになります。

 

打ち方の問題

入射角(ヘッドがインパクトに入っていく角度)が大きければ、打ち出しは高くスピン量は大きくなります。ヘッドが振られる方向とボールの飛ぶ方向が違うためにロスが大きくなります。逆に入射角が小さければ、ヘッドの動く方向とボールの飛ぶ方向が一致する程エネルギーロスがなくなり、バックスピンも少なくなります。