ゴルフ 飛ぶ ドライバー

ゴルフでより遠くへ飛ばすドライバー選び方

今までより飛距離が出なくなったとすれば、ドライバーが体力や筋力に合わなくなった可能性があります。このままでは、いくら練習しても飛距離アップは難しくなります。そこで、ドライバーを見直すポイントを探つてみましょう。

 

まず、貴方のスイングのヘッドスピードを図ってみましょう。それによって、貴方のドライバーが貴方に合っているかどうか見当がつきます。

  • 測定器のあるゴルフショップで計測してもらう
  • 市販のヘッドスピード測定器を購入する
  • スマホアプリを購入して測定する

スマホアプリや市販のヘッドスピード測定器でも様々なデータを提供してくれるものもあり、興味深いものでありますが、付属機器を購入する必要があったり高価なものがあります。ヘッドスピードの測定だけなら1000円代のものもあります。

 

費用の面から言えば、測定器のあるゴルフショップで計測してもらうのが一番です。無料ですから。また、様々なデータもわかるので、飛距離が落ちていることを分析できるものもあり、今後の対策の役に立つからです。

 

ドライバーの飛距離で悩んでいる人に、ロフト角とシャフトのフレックス(硬さ)が原因だという方が多いということが分かっています。

 

ロフト角

みなさんもご存知のとおり、ロフト角が8度や9度の場合、ボールが上がりにくくなり、スイングが乱れ、飛距離が出なくなることがあります。一度、今使っているロフト角のドライバーの試打をしてみるとよいでしょう。ヘッドスピードが43m/sの場合にはロフト角は10度以上がおすすめです。

 

シャフトのフレックス(硬さ)

次に、シャフトのフレックス(硬さ)です。これによって、貴方のヘッドスピードに適したシャフトのフレックス(硬さ)がわかります。
〜34m/sの場合はL
33〜41m/sの場合はA
38〜46m/sの場合はR
43〜50m/sの場合はS
48〜55m/sの場合はX
貴方が43m/sの場合はRかSということになります。他のシャフトを使っている場合は要チェックです。

 

ヘッドスピードによる平均飛距離(目安)

55m/s⇒305ヤード
50m/s⇒280ヤード
45m/s⇒250ヤード
40m/s⇒220ヤード
35m/s⇒190ヤード
30m/s⇒160ヤード

 

重量について

インパクトでボールにより多くのエネルギーを伝えるために、クラブヘッドは重い方が有利です。ただし、軽いほうがヘッドスピードが出るというメリットもあります。少し重めのクラブがお勧めです。