ゴルフ 飛ぶボール

ゴルフで飛ぶボールの選び方

飛距離を伸ばすためには、ボールの選択も大切です。ボールには大きく分けて3種類あり、その特徴は次の通りです。ゴルファーの悩みによって、選択するとよいでしょう。

 

ディスタンス系

ディスタンス系のボールは、コアが柔らかくカバーが硬いのが構造上の特徴です。コアが柔らかいために、ドライバーショットなどのロングショットではボールが潰れやすく低スピンになり、ランを稼ぎ、カバーが硬いために反発力も上がり、飛距離を伸ばします。また、バックスピンのみならず、サイドスピンも減らすので、ボールが曲がりにくくなるというメリットもあります。

 

ただし、グリーン上でもスピンがかかりにくく、ボールが止まりにくいというデメリットもあります。最近のディスタンス系のボールは、ランが期待できるだけではなく、グリーンで止まるボールも増えてきている。ゴルフに悩む方はこのボールを試してみるのもよいでしょう。

 

スピン系

スピン系のボールは、コアが硬く、カバーが特別柔らかいウレタンを使用しているのが構造上の特徴です。プロゴルファーが求めるバックスピンを実現します。男子プロゴルファーなどのハードヒッターが打った時にボール全体がつぶれて、初速が落ちるのを防ぐために、コアは硬くなっています。

 

ただし、低弾道でスピンがかかりやすくなるので、飛距離が落ちている方で、このボールを使用している方は変更の検討をするとよいでしょう。最近のスピン系ボールは、全体的に打感が柔らかくなっており、自分の弾道とマッチするモデルを見つければ、1ランク上のゴルフが実現することでしょう。

 

ウレタン・ディスタンス系

ウレタン・ディスタンス系のボールの構造上の特徴は、コアが柔らかく、カバーの素材にスピン系のボールに使用されている柔らかいウレタンを使用しています。

 

この結果、ドライバーショットなどのロングショットではボールが潰れやすく低スピンになり、ランを稼ぐことができます。また、アプローチショットではスピンがかかりやすくなります。ウレタン・ディスタンス系のボールは、ディスタンス系とスピン系のボールの良い特徴を兼ね備えています。

 

廉価版ゴルフボール

各メーカーの革新技術によって、「飛んで止まる」というモデルも出現しています。廉価版ゴルフボールのポテンシャルは高くなっています。

 

飛距離が落ちてきたというゴルファーには、ご自分の使っているボールの見直しも必要だという結論です。